片口

日本酒を飲む時間をグッと上質なにしてくれるアイテムが片口です。ボトルから直接注ぐのもいいですが、片口を使うことで、お店で飲むような気分になったり、温度の変化を楽しめたりと、いいことづくめのアイテムです。 
 
 
Katakuchi (片口) is an item that improves your sake experience. Instead of pouring sake directly from bottles, it gives a rich feeling as if drinking in a restaurant, or even enjoying sake’s change in temperature.

片口を使って、気分上々な日本酒タイムを / 
Enjoying sake even more with a katakuchi

冷やしたお酒を片口に注ぎ、少しずつ盃に移して飲む。そうしているうちに、お酒の温度が上がっていき、味わいの印象が変わります。温度の変化も楽しめるのが片口のいいところです。
1合(180ml)と2合(360ml)のサイズがあり、一人で晩酌するときや、二人での食事などシーンに合わせて使い分けられます。今日は1合だけ、と飲む量を決めておくときにも便利です。
 
 
Drinking sake from a katakuchi little by little allows the sake’s temperature to rise, changing the impression on the flavour. Available in two sizes of 1 gou (180ml) and 2 gou (360), allowing users to choose by preference of whether they want to drink alone or in a meal of more than two. It is also convenient when a set amount of drink is limited for the day, in order to prevent drinking too much.

風合いも質感も違う錫とガラス。おちょこと一緒に使いたい /
Tin or glass, two materials that each pairs up with the ochoko

素材は2種類。
錫素材はすぐに冷えるので、飲む前に冷蔵庫に入れておくと冷たさが長持ちします。 錫の器は日本酒の味をまろやかにすると言われているので、常温のお酒にもおすすめです。 また錫は、錆びない、割れないことから縁起担ぎになり、結婚やお祝いの贈り物にもふさわしいとも。結婚10年目の「錫婚式」のプレゼントに、錫のおちょことセットでどうぞ。
 
 
We have made our katakuchi with two materials, tin and glass. Tin conducts heat very well, allowing an instant cooling as it's put into a fridge which is useful when enjoying a nice chilled sake. Tin is also said to bring good fortune because it does not rust or crack, making it an appropriate gift for weddings and celebrations. Especially for the 10th wedding anniversary which in Japan is considered as the “Tin anniversary”

ガラスの透明感が、より美しく引き立てる /
The transparency of the glass charms its beauty

一方のガラスは、透明感がなんとも涼しげ。中身が見えるから、日本酒はもちろん、赤ワインを入れて飲むのも素敵です。 色は無色透明のクリアーと、ブルーのグラデーションがきれいなインディゴの2つをご用意。 こちらもガラスのおちょことセットで贈り物に人気です。酒器なら、お酒の味の好みを知らずともプレゼントできるので、実はお酒好きにぴったりなギフトなのです。ちなみに、この片口を小さな花器として使う方もいます。剣山を入れてもよし、そのままも花を生けたり浮かべたりしても◎。くびれの形状がちょうど花の茎を支え、意外にもいい感じに収まるのです。遊び心いっぱいのアレンジをお楽しみいただけます
 
 
The glass on the other hand, has a cool impression with its high transparency, making its contents stand out. Available in two colours; clear and indigo with a fresh blue gradation, both of which are popular as a gift when paired up with our ochoko. Sake cups are, in fact, perfect gifts for sake lovers, as you can give them without knowing their taste preferences for sake. Incidentally, some of our customers use our katakuchi as a small flower vase. With its wide neck acting as a support for the stems, creating a flower arrangement or simply floating some flowers on water are perfect ways of enjoying our katakuchi even more.

使い勝手のいい、便利なアイテム /
An item with many easy uses

片口といえば、この注ぎ口です。職人の手でひとつひとつ整えられた口は、お酒を美しく注いでくれます。日本酒の他にも、キリッと冷やしたワインを入れて楽しんでも。またお酒以外にも、ドレッシングやソース、蕎麦つゆなどの液体全般や、煮物や和え物を入れる器としても重宝します。
 
 
We cannot talk about a katakuchi without talking about its spout. With the spouts shaped one by one carefully by craftsmen, it enables sake to be poured in a beautiful manner. We also recommend using it as a carafe for wines, server for dressings and sauces, or even for side dishes.

日本の職人の技術が詰まったプロダクト /
Products Packed with the Skills of Japanese Craftsmen

NOUSAKU / 能作

錫は富山県高岡の能作、ガラスは千葉県九十九里の菅原工芸硝子が作っています。
能作は大正時代からの錫を使った仏具や茶道の道具を造ってきたメーカーで、近年は錫の特徴を生かしたおちょこやお皿、インテリアといったホームウェアがヒットしています。 工場を公開することにも力を入れていて、製作体験ができるのはもちろん、宿泊をセットにしたプランを設けるなど、ものづくりと観光を同時に楽しめる提案をされています。
 
 
Nosaku of Takaoka City, Toyama Prefecture, was the first partner to endorse the So-en Project. Nosaku is a manufacturer that has been making Buddhist ritual utensils and tea ceremony utensils using tin since the Taisho era (1912-1926). In recent years, homeware such as choko (sake cups), plates, and interior decorations that take full potential of tin’s characteristics have become a hit. The company is also making efforts to open its factory to the public, offering visitors the opportunity to enjoy both manufacturing and sightseeing at the same time, including a plan that includes lodging as well as hands-on manufacturing experience.

Sghr / スガハラ

職人の技術が際立つガラスを作る菅原工芸硝子は、千葉県の九十九里に工房があり、そこでは数十名の職人が、1,400度で燃え続ける炉の前でガラス製品を生み出しています。 双円のグラスは丸が二つ重なった独特な形状で、熱したガラスを型に入れて吹き込み、くびれの部分を作ります。割れにくい強度を出しつつエッジをシャープに描くのは難しいことだそうで、実はここにも職人技が隠れています。
 
Sghr Sugahara Glassworks has a studio in Kujukuri, Chiba Prefecture, where dozens of craftsmen create glass products in front of a furnace that burns at 1,400℃. The Soen glass has a unique shape with two overlapping circles. Molten glass is placed in a mould and blown to create the neck of the glass. It is said to be difficult to draw the edges sharply while maintaining its durability, and this requires high craftsmanship.

コレクション: Katakuchi

6個の商品
  • 片口(小) ガラス / クリアー
    販売元
    Sghr
    通常価格
    ¥5,500
    販売価格
    ¥5,500
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 片口(大) 錫[すず]
    販売元
    能作
    通常価格
    ¥11,000
    販売価格
    ¥11,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 片口(小) 錫[すず]
    販売元
    能作
    通常価格
    ¥8,470
    販売価格
    ¥8,470
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 片口(大) ガラス / インディゴ
    販売元
    Sghr
    通常価格
    ¥7,150
    販売価格
    ¥7,150
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 片口(大) ガラス / クリアー
    販売元
    Sghr
    通常価格
    ¥7,150
    販売価格
    ¥7,150
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 片口(小) ガラス / インディゴ
    販売元
    Sghr
    通常価格
    ¥5,500
    販売価格
    ¥5,500
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ